秘密厳守・相談無料 経営窓口相談 経営指導員巡回相談 講習会・研修会 店舗・工場・企業診断

トップ>粕屋町商工会の概要
粕屋町商工会の概要

商工会ってなに?

商工会は、地域の事業者が業種に関わりなく会員となって、お互いの事業の発展や地域の発展のために総合的な活動を行い 商工会法に基づき設立された「特別許可法人」です。また、国や都道府県の★小規模企業施策(経営改善普及事業)の実施機関でもあり、小規模事業者(商業:従業員5名以下、工業系:同20名以下の企業)のみなさまを支援するために様々な事業を実施しています。 もちろん小規模企業施策だけでなく、様々な中小企業施策も実施しています。

平成28〜30年度 役員紹介

商工会役職

地区 氏名 事業所名 部会 部会役職
会長 戸原 岩村 必典 S&Mトラスト(株)
副会長 若宮 松山 正治 松山工業(株) 工建 担当副会長
副会長 長者原 井上 安彦 (有)井上石油販売店 商サ 担当副会長
理事 若宮 岡本 房子 花のおかもと 商サ 部会長

理事

若宮 案浦 龍己  (有)九州酢造 商サ 副部会長
理事 柚須 岩田 日出人 (有)うえすたん 商サ 副部会長
理事 乙仲東 今泉 進 (有)マザーチキンホワイトミート 商サ 幹事
理事 長者原 高橋 英治 (有)筑紫印刷 商サ 幹事
理事 花ヶ浦 石井 広美 (有)不二越総合保険事務所 商サ 幹事
理事 原町 樋口 陽子 樋口陽子税理士事務所 商サ 幹事
理事
駕与丁 井上 美都子
(女性部長)
喫茶&パブ 陽だまり 商サ 幹事
理事
長者原 工藤 麻知子
(女性副部長)
大久醤油(株) 商サ 幹事
理事 上大隈 田中 義昭 オートグラスTANAKA 工建 部会長
理事 長者原 倉田 省三 (株)倉田 工建 副部会長
理事 駕与丁 向野 純法 セイコーエアコン(株) 工建 副部会長
理事 原町 青木 善秀 (株)青木建設 工建 幹事
理事 乙仲西 篠原 隆盛 粕屋殖産(株) 工建 幹事
理事 長者原 立川 英明 (株)しぶた造園緑地 工建 幹事
理事 長者原 原 健一 原工務店 工建 幹事
理事 若宮 村澤 建一 粕屋園芸 工建 幹事
理事 乙仲西 伊藤 善亮
(青年部長)
仲原伊藤自動車(有) 工建 幹事
顧問 乙仲西 篠原 隆義 粕屋殖産(株)
監事 長者原 岡部 圭裕 岡部圭裕税理士事務所
監事 長者原 本宮 陽介 子どもの家 あおぞら園


また、各都道府県には商工会連合会があり、広域的なテーマや専門的なテーマについて、みなさんを支援いたします。

なお、商工会は、主に町村部に設立された公的団体で、市部には主に商工会議所が設立されており、商工会と同様の活動を行っていますが、組織運営面などで異なる面があります。

商工会と商工会議所の違い

区 分 商 工 会 商工会議所
根拠法 商工会法 商工会議所法
管轄官庁 経済産業省 中小企業庁 経済産業省 経済産業政策局
地 区 主として町村の区域
原則として市の区域
( 商工会議所及び他の商工会と地区は重複しません)
会員に占める 小規模事業者の割合 9割を超える

約8割
事 業 中小企業施策、特に小規模事業施策に重点を置いており、事業の中心は経営改善普及事業 地域の総合経済団体として、中小企業支援のみならず、国際的な活動を含めた幅広い事業を実施。 小規模事業施策(経営改善普及事業費)は、全事業費の2割程度
意思決定方法 会員の大半が小規模事業者であることに鑑み、総会(総代会)での議決権は、1会員1票制
議員(1号議員等)を選挙で選ぶ際に、会費1口あたり1票の累積投票制

国や都道府県の★小規模企業施策(経営改善普及事業)とは
小規模事業者の経営や技術の経営や技術の改善発達を図るための事業で、経済産業大臣の定める資格を持つ経営指導員などが、金融・税務・経営・労務などの相談指導に従事しており、この事業には国と都道府県の補助金が交付されており、国の小規模企業施策(特に近年は経営革新、創業)を遂行しております。

上に戻る

粕屋町商工会の事業って?

具体的な事業紹介 地域総合振興事業と経営改善普及事業

【総 会】

総会 毎年5月に総会(通常)が開催されます。
議決権は1企業1票です。 総会開催通知を全会員に送付致しますので、出欠のご回答を必ず同封のハガキにてお願いします。 また欠席の際は同ハガキの委任状欄のご記入もお願いします。

地域総合振興事業  粕屋町商工会独自の事業です。

国県の補助事業(経営改善普及事業)に対して一般事業ともいいます。
各商工会により異なりますので、ほんの一部をご紹介します。

【労働安全衛生法による労働者の健康診断事業】

健康診断事業 同法には経営者に対して労働者の健康管理、定期的な健康診断を義務づけており、小規模企業の労務管理支援の一環として粕屋町健康センターで実施。
例年 約40企業150名が受診しています。

【意見具申活動】

意見具申活動 地域の振興や商工業の発展のために商工会はその意見を集約し、これを国会(商工会全国大会等)や行政庁などに具申、建議をしています。(粕屋町長を招いての行政懇談会)

【全国展開プロジェクト】

意見具申活動 粕屋町の特産品の開発を目的に、20名の委員により組織され、活動しています。

東京東京ビッグサイトで開催されたグルメ&ダイニングスタイルショーにて、ブロッコリーの試作品展示、PRを行いました。

上に戻る

経営改善普及事業

国や都道府県の小規模企業施策を実施しています。 
ほんの一部ですがご紹介します。

【経営専門相談】

弁護士・中小企業診断士 ・ 税理士・社会保険労務士等の専門相談を行っています。

ご相談の際は事前にご連絡下さい。

【お気軽にどうぞ】

また、全国各地の商工会商工会議所には経営指導員等の職員が配置されています。
粕屋町商工会には事務局長以下8名の職員が経営、税務、経理、金融、情報処理労務等のご相談にあたっております。

【ネットde記帳】

個人企業の記帳、税務についてコンピューター会計(ネットde記帳)、申告を行っております。 現在、コンピューター会計の代行52企業、決算申告を311企業が利用されてます。

上に戻る

講習会・研修会

【マイナンバー制度説明会】

【JW-CAD研修会】

【障害者雇用基本セミナー】

【4町(粕屋、笹栗、新宮、久山)合同創業セミナー】

 

上に戻る

粕屋町商工会の概要

粕屋町商工会の概要

沿 革

昭和20年 任意の粕屋町商工会が設立される。
昭和35年5月20日 商工会の組織等に関する法律 (商工会法)施行される。
昭和35年8月10日 粕屋町商工会設立総会開催される。
昭和35年9月30日 粕屋町商工会が福岡県より認可される。(特別許可法人)
旧商工会 旧商工会館は旧農事センターを借用。 背後の建物は旧粕屋中学校です。
建替え 建替えのため昭和62年(1978年)6月解体
現在の商工会館 現在の商工会館は昭和63年1月商工会員の総意と粕屋町、福岡県の補助、その他多くの企業、個人、団体の寄付により竣工致しました。
粕屋町商工会が設立されて28年後のことです。

●総面積 665u (201坪)
●鉄筋コンクリート2階建

粕屋町商工会館概要
1F 事務室 会議室 記帳指導室 経営相談室 資料室
2F 青年部室 女性部室(和室) 大会議室(45坪)

総工費  1億1,209万円
国県補助    2,500万円
粕屋町補助  3,000万円
建設積立金  2,715万円
寄付金     2,994万円

上に戻る

トップ >粕屋町商工会の概要